ITスキル

【GitLabはConvDevを提唱】コミュニケーション重視の開発スタイルとは?

こんにちは!Hiroです。

早速ですが今日は、「GitLab実践ガイド」という本で学んだ、『ConvDev』の内容についてお伝えしますね!

ConvDevは、「GitLabが目指す開発スタイル」です。

Conversational Development(会話型開発):ConvDevはDevOpsを前提とした開発スタイル

会話している様子 まず、システム開発を行っていく上で重要な考え方として「DevOps」というものがあります。

これは、開発(Development)と運用(Operations)を組み合わせた言葉のことで、実際にシステムを開発する側と、システムの運用側の立場を曖昧にし、「相互でより協力的な連携をしていきましょう!」みたいな概念です。

 

実際にシステム開発の現場に長らく携わっている方にとっては当たり前の常識かもしれませんが、システムは「開発して終わり」ではなく、システムリリース後から実際の目的がスタートします。

システム開発は一つの手段です

会議の様子 そもそもシステムを開発する背景には、ビジネス的に解決したい課題があるわけで、それをシステム化して解決することは一つの手段ですね。

その解決したい課題というのは、例えば企業の業務システムなら日々の業務改善やワークフローの変更になどによって、自然と変わっていきます。

 

BtoCやCtoCなどのWebサービスでも、同じように顧客の反応を見ながら

「今は顧客から何が求められるのか?」

「そして何を最重要事項として解決するか?」

という観点でビジネスが展開されていきます。

 

なので、実際にシステムを利用する現場からすれば、システムの内部的な作りの話はあまり重要ではなく、ビジネスとして成果を出せるかどうか?という観点がとても重要になってきます。

 

そのようなITシステムの特性を理解した上で、

「じゃあ、開発者として対策すべきことはなにか?」

というと、先程紹介したような開発者と運用側(経営層やマーケターなども含む)が、より協力的な連携をしていく「DevOps」という概念にたどり着くわけですね。

 

要求をボンボン変えてくる顧客は嫌だ、というのではなく、 「あなた達の抱えている課題を開発側も一緒になって解決していきますよ」 という、より顧客に寄り添った考え方です。

DevOpsを実践するにはどうするか?

協力する姿 そのようなDevOpsの概念を、実際に組織の中で取り組むことは簡単ではないと想像できますね。

人間ですから、相手の気持ちや要望を100%理解しながら仕事を進めていくことは不可能です。

しかし、その中でも、システムに関わる全ての人たちが少しでも協力的な連携を始めたら、そのシステムの開発と運用はうまく回り始めます。

 

GitLabでは、そのような理想的な開発スタイルのことを

「Conversational Development(会話型開発):ConvDev」

と呼んでいます。

 

書籍の中では、以下のように説明されていました。

ConvDevとは?

ConvDevは、開発プロセスフロー全体において、グループメンバー同士のコミュニケーションを重視してアプリケーション開発を行う自然な開発スタイルです。

具体的には、開発者は一貫性のある方法で、開発プロセスの一つひとつを追跡することが求められます。

ConvDevでは、アイデアから展開までのコラボレーションと知識共有を促進することで、開発ライフスタイルを加速することを目指しています。

ここで述べているコラボレーションとは「組織において一緒に協力し合い、作り上げるチーム開発体制」のことを示します。

コラボレーションは、組織文化を形成するために不可欠な要素であり、アプリケーション開発においては、ビジネス分析、開発、テスト、および運用のチーム間での継続的なコミュニケーションとして表現されます。

このコラボレーションの最終的な目標は、開発者がアプリケーション開発活動に集中し、運用にかかるコストを削減することです。

これができてこそ、ConvDevの本質的な価値が生まれるのです。

 

GitLabを勉強するつもりで買った書籍でしたが、GitLabの技術的な使い方にとどまらず、このようなプロダクトの背景などもしっかりと解説されていたので良かったです。

 

僕もまだまだ理解が足りていなかったり、もしかしたら少しずれた解釈をしているかも知れません。

でも、外にアウトプットしてみないと、自分が理解していないことが理解できない、という状態のままになってしまうので、今のレベルでもとりあえずアウトプットしています。^^;

 

現場でのGitLab導入でもとても重宝している書籍ですので、気になる方は書籍の方もご覧ください!

以上です。

🔻GitLabの書籍はこちらから↓

 

🔻DevOpsについてはこちらの指南書がオススメです